養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)

養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)の拡大画像
  • 養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)の写真1
  • 養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)の写真2
  • 養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)の写真3
口当り 甘さ 香り 後味 濃さ レア度
5 5 5 5 5 3
形状 容量 メーカー 価格
ガラス瓶 900ml 山本牧場 1150円

※価格は当サイト管理人の購入時の金額です。販売店によって価格が異なる場合があります。
※味の評価は当サイト管理人の個人的な感想です。ぜひあなたの評価評価の牛さんアイコンも投票して下さい。

楽天市場で買う
Amazonで買う

養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)を飲んだ感想

やっぱり養老牛放牧牛乳は、美味しいですね!

ずしっと来る舌ざわり、芳醇な香りと、深いコク、口いっぱいに広がる生乳の風味。
どれをとっても牛乳として最高峰の味わいです。

老養牛Wildmilk赤ラベルを注ぐ

今回飲んだのは「赤ラベル」ですが
グリーンラベルよりも、のどごしに重みがあって濃い味に感じました。
そしてどういうわけか、草原のような香りがしました。
赤ラベルのほうが冬なので、むしろ夏のグリーンラベルのほうが草原の香りがするはずなのですが…私の味覚ではそう感じました。

グリーンラベルと赤ラベルの違い

そもそも養老牛放牧牛乳には、赤と緑のラベル違いが販売されています。
これはどういう違いなのか改めてご紹介しましょう。

養老牛放牧牛乳WILDMILK_900ml_正面

グリーンラベル
(放牧草飼養タイプ:夏)
βカロテン等の豊富なやや黄みがかった牛乳。
さっぱりしたキレが特徴。

養老牛放牧牛乳-WILDMILK(赤ラベル)800ml_正面

赤ラベル
(貯蔵草飼養タイプ:冬)
越冬用に調整された農薬や化学費用を使用してない草を与えています。成分が多少上がりコクが際立ちます。

さぁ、あなたはどっちの養老牛放牧牛乳-WILD MILKが好みでしょう?!
ぜひ一度飲み比べてみてください!

 2017.10.07
養老牛放牧牛乳-WILD MILK(グリーンラベル)

養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)の成分表

『養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)』の外装に記載されている成分表記です。
他の牛乳との成分を比較したい方は、牛乳比較表をご覧ください。

※当サイトの成分表は商品によって一部の成分を省略して記載している場合があります。

無脂乳固形分 乳脂肪分 原材料名 殺菌方法 内容量 エネルギー たんぱく質
8%以上 3.4%以上 生乳100% 65℃ 30分 – ノンホモ 900ml
脂質 炭水化物 ナトリウム カルシウム 鉄分 葉酸 ビタミンD

 養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)のみんなの評価

『養老牛放牧牛乳-WILD MILK(赤ラベル)』を飲んだことがある人は、5段階の評価の牛さんアイコンマークを押して投票して下さい♪ 投票数が増えると牛乳ランキングに反映されます!

1点2点3点4点5点
(2 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
 評価の目安について 最悪評価のアイコン1個:すごく苦手…
低評価のアイコン2個:ちょっと苦手
普通評価のアイコン3個:ふつう
良い評価のアイコン4個:美味しかった
最高評価のアイコン5個:すごく美味しかった!

 ついでにコメントもどうぞ♪

コメントを残す

内容に問題がなければ「コメントを送信する」ボタンを押して下さい。



\ この記事をシェアしよう! /